Lama Gyalu (ラマ・ゲル)
クライミングシェルパ、林業家、ツリークライミングインストラクター

1977年生まれ。ネパール連邦民主共和国ソルクンブ郡タプティン村に生まれる。
ネパールでは14歳の頃からトレッキングの仕事を始め、ポーター(運搬人)、キッチンボーイ(調理人)、シェルパ(山岳ガイド)を経てトレッキングやクライミングのサーダー(グループリーダー)を務めた。1994年以来エベレスト登山隊などに参加し、2000年に日本隊、2002年にはスイス隊のエベレスト登頂に同行したほか、チョ・オユー、シシャパンマなどのヒマラヤの高峰にゲストを導いてきた。
2010年、長野県大町市にネパールレストラン「ヒマラヤン シェルパ」をオープン。
山登りの傍ら、森林整備など林業についても学び、登山で培ったクライミング技術を生かし、特殊伐採作業やツリークライングの仕事も請け負いながら、日本の森林資源の保全や、子どもたちへの自然の素晴らしさ・厳しさの啓発に力を注いでいる。
HIMALAYAN SHERPA株式会社 代表取締役

https://www.facebook.com/gyalu.lama