閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日レポート

山の日レポート

今日は「海の日」

2021.07.22

全国山の日協議会

日本は四方を海に囲まれています。
太平洋と日本海に挟まれたこの列島には標高3776mの富士山を筆頭に2〜3000m級の山々も多く、太平洋の湿った温かい気団と大陸の乾いた冷たい気団のせめぎ合いによって、日本には4つの季節と2つの雨期が巡ります。(世界には雨季と乾季の2シーズンの地域がたくさんあります。)この狭い列島に深い谷がたくさん刻み込まれているのは、このことに由来します。
大海から湧き上がる水蒸気は山の斜面を駆け上がり、上空に昇ると冷えて水滴になり、山にはもくもくと雲が湧きます。やがて雲は水滴の成長に伴って雨や雪に姿を変えて地表に降り染み入り、地面から染み出した水は沢となり谷を刻み、山林に保水されながら河川となり、平野の田畑を潤し、流域それぞれの文化を育み、たくさんのミネラルとともに大海へと注がれ、美味しい魚介を私たちに分け与えてくれます。海へと流れ着いた水は、また気体に変態して山肌を駆け上るのでしょう。
この循環こそが日本の自然の多様性の源。
海がなければ山も人も育ちません。
山がなければ海の豊さも在り得ません。

山は海の恋人。
海では海水浴、山では森林浴。
海っていいね。山っていいね。
自然を浴びる特権はみんなのもの!

今年の「山の日」は8月8日です。

大山山頂から弓ヶ浜を見下ろす

RELATED

関連記事など