ご挨拶 第5回「山の日」記念全国大会 開催県知事 挨拶

 大分県は、九州本土最高峰を持つくじゅう連山をはじめ、急峻な山々の祖母傾山系など、九州を代表する山岳に囲まれています。中でもくじゅう連山は、ピンク色の絨毯のように咲き誇る初夏のミヤマキリシマ、山裾の草原やラムサール条約湿地の湿原、秋の紅葉、冬の霧氷など、四季折々の変化に富んだ多彩な山々を堪能できます。1,700メートル級とあまり高くはありませんので、初心者からベテラン、子どもから成人そして高齢者まで、いろいろな方々に親しみ、楽しんでいただいています。
 多様な山々に囲まれた本県は、温泉資源も豊富です。山の麓には、温泉が湧き出でており、私たちの生活に密接しています。大分の温泉はまさに大分の山が育む恵みを代表するものです。
 来年、第5回「山の日」記念全国大会を大分県くじゅう連山で開催します。
 全国大会のテーマは、「山に遊び 恵みをいただく ~おんせん県おおいたの山と人の絆を未来へ~」です。子どもから高齢者まで、皆さんが、共に山の恵みに感謝し、「おおいたらしさ」を感じてもらう大会にしたいと考えています。
 ぜひ大分県にお越しいただきたいと思っています。
 来年の8月に「おおいたの山」で会いましょう!
ミヤマキリシマ
坊ガツル湿原
くじゅう連山

大分県知事 広瀬勝貞


山の日記念全国大会資料

過去の「山の日」記念全国大会

※このページからリンクされている「山の日」全国大会のサイトは、各大会の開催年度に大会の実行委員会が作成したのもであり、一部表記に現在は存在しない団体・施設などが含まれていること、また現在は存在しないページにリンクされている場合がありますことをご了承ください。