閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日レポート

山の日レポート

鳥たちの楽園         ~中国山地の山里から~

2021.06.11

全国山の日協議会

菜園のそばの雑木林からキツツキのドラミングや鶯の美しい歌が聞こえてきます。「ケ~ンケ~ン、ばたばた」雉も暮らしています。スモモの木には鳥が巣をかけています。菜園の野菜や雑草の苗や実や種、虫などが大好物のようです。菜園を含め約1.5ヘクタールのまとまった草原もあることから、トンビも獲物を狙ってやってきます。先日の事、黄色が美しいキビタキの姿を見かけ、感動した事です。
そろそろ初物が採れる頃です。あれ程ほど元気だったエンドウが、1本2本と・・、最近枯れるんですね。垂直仕立てで縛り過ぎかな?なぜだろうと近づいてみると、根元にくぼみができており6個の卵がありました。そのあと、そこで雉の母親が抱卵している姿を目撃しました。産卵のエネルギーを蓄えるためにエンドウの葉をついばんでいたのでしょうね。無事に育ちますように。
私は3つの事を決めました。
①エンドウはあきらめる
②周辺の雑草も取り除かない
③できるだけ周辺に近づかない。
わが菜園は、時に鳥たちの楽園?にもなります。

2021年5月29日 ひろしま山の日 畝崎辰登

雉の卵

雉の抱卵

離れたところから、目いっぱいのズームで雉が抱卵しているのを確認しました。枯れたエンドウの葉や草が保護色の役割を果たしています。雨の日もじ~として動かず卵を温めています。

雉の抱卵

そろそろ孵化

卵はその後増え、あわせて10個になりました。そろそろ孵化する頃です。

そろそろ孵化

キジの夫婦

菜園には、別な雉の夫婦もやってきました。まさに楽園です。

キジの夫婦

RELATED

関連記事など