閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日レポート

山の日レポート

北アルプス「焼岳」登山情報  ~活火山を実感する山~

2021.06.09

山の日通信員
一般財団法人 自然公園財団上高地支部
加藤 銀次郎

上高地から焼岳まで行ってきました。

上高地在住のSさんからのレポートです。

焼岳へは、新中の湯ルートと上高地から焼岳小屋を経由して上る上高地ルートの二つがありますが、今回は上高地から上ってみました。
登山道の雪はほとんど解け、先月の大雨で崩落した箇所は高巻きするルートが山小屋関係者の手でつくられていました。

山頂から遠く乗鞍岳を望む

この山はいたるところで噴気を上げており、まさに「山は生きている」ことを実感する火山です。また、溶岩ドームのピークに上ることができる貴重な登山ルートでもあります。

複数個所から噴気が上がる山頂周辺 まさに活火山であることを実感する。

また、頂上直下の雪渓は、6/7時点で15mほど残っていました。この雪渓も上高地の有志による作業でトラバースルートがつくられていました。

ボランティアの手で歩きやすいようカットされた頂上直下の雪渓 

登山道の状況は気温や天候で今後も変化しますので、最新情報をご確認の上、登山計画を立てるようお願いします。
焼岳小屋の営業は6月16日から10月19日までの予定です。

高度感のある三段バシゴを超える

登山道にはイワカガミが可憐に花を咲かせていて、きつい登り中も心が癒されます。

※焼岳は現在も噴煙をあげている活火山です。噴気口や入山禁止となっている南峰には絶対に近づかないことに加え、事前に気象庁などが提供する火山登山者向けのサイトで最新情報を確認し、ヘルメットを着用するなど安全に十分配慮しての登山をお願いします。

中尾峠展望台から笠ヶ岳や槍ヶ岳方面を望む。

山頂から見下ろす火口湖の「正賀池」

展望台からの焼岳山頂方面の眺め

RELATED

関連記事など