閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日レポート

山の日レポート

通信員レポート

ぐんま県境稜線トレイル 登山道安全調査

2021.09.09

山の日通信員
日本山岳会群馬支部山の通信員G
日本山岳会群馬支部根井

谷川岳主稜線

群馬県と新潟県・長野県の県境を、約100kmにわたり歩くことのできる「ぐんま県境稜線トレイル」。
国内最長のこのコースを多くの方々に安全に楽しんでいただくため、毎年、群馬県内の各自治体・主要山岳団体が協力し合い、登山道安全調査を行っています。
令和3年9月1日〜2日にかけて、谷川岳主稜線(谷川岳山頂〜平標山)の安全調査へ行ってきました。

晴れた日の万太郎山頂からの眺望

谷川岳トマの耳〜小屋泊

あいにくの雨予報の中、出発。
まずはトマの耳を目指します。

トマの耳の山頂標は昨年、落雷を受け、真っ二つに割れてしまいました。
自然の威力をまざまざと思い知らされた出来事です。
今年新しくなった山頂標が、こちら。
谷川岳へお越しの際は、ぜひこちらにもご注目ください。

谷川岳トマの耳 新しくなった山頂標

オジカ沢ノ頭〜大障子ノ頭〜万太郎山

翌朝4:30に出発。
まだ薄暗い時間帯なので、足元に注意しながら進みます。
オジカ沢ノ頭以降、多くの高山植物を楽しむことができました。
特に綺麗だったのが、イワショウブとウメバチソウ。
ゴゼンタチバナも、実をつけ始めています。
山の上は、秋の足音がすぐそこまで来ています。

イワショウブ

ウメバチソウ

ゴゼンタチバナ

稜線美に魅せられて・・・

谷川岳主稜線の醍醐味。
それは、小障子ノ頭〜大障子〜万太郎山へと続く、この稜線美です!
アップダウンのある長いコースですが・・・
この眺望が拝めると思えば、どんなにキツい登りでも頑張れます。

大障子〜万太郎の稜線美

エビス大黒ノ頭〜仙ノ倉山〜平標山

万太郎山までの登りで終わったと思ってはいけません。
続くエビス大黒ノ頭、仙ノ倉山までも、ひたすら登りです。
仲間と励まし合いながら進む。
これも、山登りの楽しみのひとつだと感じました。

花の百名山としても人気の高い、平標山〜仙ノ倉山までの稜線。
高山植物以外にも、季節ごとに味わえる素晴らしい眺望で、人々を惹きつけてやみません。

安全調査を終えて

谷川岳主稜線は、草刈りもしっかりと行われ、終始安全に進むことができました。
多くの方々の“見えない協力”のおかげで、私たちは日々、山登りを安全に楽しむことができる…
それを忘れてはいけないな、と感じました。

群馬県が誇る「ぐんま県境稜線トレイル」。
長い山歩きのあとは、県内の温泉で汗を流すのがオススメです。
ぜひ全国の山を愛する皆さまにも、ぐんま県境稜線トレイルを末長く楽しんでいただければと思います。


(通信員 中島あづさ)

RELATED

関連記事など