閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日レポート

山の日レポート

通信員レポート

早秋の北アルプス立山連峰 ~草紅葉に彩られる室堂平~

2021.09.17

山の日通信員
一般財団法人 自然公園財団上高地支部
加藤 銀次郎

松本市在住のMさんからのレポートです。
(ここから)
9月中旬、早秋の北アルプス立山連峰に行ってきました。

一ノ越への登山道

標高2,450mの室堂では草紅葉が見ごろを迎え、登山者の目を楽しませていました。

室堂の草紅葉と遠方に奥大日岳

チングルマの種と赤く色づいた葉

雷鳥沢の草紅葉

ナナカマドを含む広葉樹の紅葉は、室堂よりやや高い標高で見頃を迎えており、これから室堂平を彩ってくれることでしょう。

雄山より南方面

主峰の雄山山頂には雄山神社があり、お守りを購入したりご祈祷を受けることができます。

雄山山頂にある雄山神社

立山三山から真砂岳、別山と進んで行くと・・・ついに剱岳が眼前に現れます。

別山から見た立山三山と室堂平

「岩と雪の殿堂」といわれる剱岳。映画にも取り上げられました。登山者の憧憬を集める山の一つです。
登山時の注意点としては、防寒対策と行動時間の設定です。
室堂から一ノ越まで登ると、急に風が吹き始めます。防寒対策をしっかりしたいところです。ウィンドブレーカーに加えて、休憩時に着用する防寒着や手袋も持参すると良いと思います。
また、バスやケーブルカー、ロープウェイなどの運行時間には限りがあります。さらに秋になり日も短くなってきているので、時間の余裕が欲しいところです。
(ここまで)

秋の気配が日に日に濃くなっている立山の様子が、そのまま伝わってきます。立山の素晴らしさとともに、山に親しみながら、山から学べることや実感できる恵みが満ち溢れていることに改めて気が付きます。

劔岳を望む

RELATED

関連記事など