閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日レポート

山の日レポート

通信員レポート

「房総の山」登山道の台風被害からの復興

2022.06.22

全国山の日協議会

千葉県山岳・スポーツクライミング協会 岩崎喜司

千葉県山岳・スポーツクライミング協会は、千葉県内の日本山岳会千葉支部と千葉県勤労者山岳連盟とともに「房総の山復興プロジェクト」を組織して、先の台風等により被害を受けた房総の山の登山道の復興に取り組んでおります。会長の岩崎喜司さんから「房総の山復興プロジェクト」のレポートが届きましたので紹介します。
この「房総の山復興プロジェクト」は、当会も後援させていただいております。

「房総の山復興プロジェクト」を組織して活動

関東南部を襲った2019年の台風15号、19号及び21号による暴風、豪雨により、「房総の山」は登山道の崩壊・崩落や倒木など想像を絶する被害を受けた。各登山口には関係する各自治体名での入山禁止札の掲示やテープによる立ち入り禁止措置とられた。具体的には県内の人気の鋸山、富山、花嫁街道、梅ヶ瀬渓谷のハイキングコースはもとより、関東ふれあいの道に指定されている「モミ・ツガの道」「ニホンザルと出会うみち」、さらには清和県民の森の遊歩道等が進入禁止となった。

被害直後 2019.09.21金山ダム~元清澄間の崩落

千葉県山岳連盟(当時)では被災直後から手分けして房総の山に入り、被害状況の把握に務めた。同年11月には「『房総の山』登山道の台風被害緊急被害報告書」をまとめ、関係者に現状を報告するとともに、房総の山を歩こうとする人々に倒木、崩壊が激しく通行できない現況であることを周知した。

被害直後 2019.11.03花嫁街道ハイキングコース

2020年3月には県内の山岳団体である千葉県勤労者山岳連盟及び公益社団法人日本山岳会千葉支部ともに、千葉県当局に「房総の山」の登山道の整備について協力要請をした。また、登山道を擁する自治体にも連絡をとり、地元ボランティア団体とともに、できるところから登山道の整備を開始した。さらに、2021年12月には、先の県内山岳三団体は「房総の山復興プロジェクト」を組織して、壊滅的な被害を受けた房総の山の登山道の復興に取り組んでいる。(なお、千葉県山岳連盟は2020年7月に一般社団法人千葉県山岳・スポーツクライミング協会と名称を変更している。)

復興の状況 2022.03.05清澄山~元清澄山間の 落石の撤去

復興の状況 2022.01.29梅ヶ瀬~大福山間の登路の整備

房総の山復興「山の日」記念講演会

この度、同プロジェクトの活動の一環として、国民の祝日「山の日」に、活動状況の紹介とともに記念講演会を開催することになった。「日本三百名山ひと筆書き」の達成者であるプロアドベンチャーレーサー田中陽希さんの講演、並びに台風被害と復興状況の説明などを行う予定である。

■日 時 平成4年8月11日(木)13時~17時
■会 場 千葉市民会館大ホール(千葉市中央区要町1-1)
■入場料 1,000円
■参加申込み QRコードを読み込み、チケットを購入してください。
       パソコンの場合は
       https://www.yoshiki- p2.shop/shopdetail/000000001526/で購入してください。

房総の山復興「山の日」記念講演会ポスター

房総の山復興「山の日」記念講演会QRコード

この記事に関する連絡先

千葉県山岳・スポーツクライミング協会事務局
〒297-0017千葉県茂原市2311-7岩崎喜司方
☏0475-23-8343 (携帯)090-2630-4877
E-mail  mwryc550khc@ozzio.jp

PDF:房総の山復興「山の日」記念講演会チラシ

RELATED

関連記事など